FAQ|WEB集客で成功するポイント

WEB集客で成功するポイント

WEBサイトで成果をあげるためには、図のように、「お客さま目線」(黄色部分)、「ビジネスの全体像」(緑色部分)、そして「WEBマーケティング」(青色部分)といった、全体像の把握と、連動が必要です。

WEBマーケティング部分だけをとってみても、WEBサイトデザインなど部分的な最適化ではなく、ユーザーとのタッチポイント(接点)となる検索エンジンでのSEOや広告。またはソーシャルメディアとの連携といったサイトへの流入部分。

そして、WEBサイトにアクセスしてからの、WEBサイトの利便性、ユーザーが初めに訪れるランディングページ(トップページとは限らない)、CTA(コールトゥアクション・申込の利便性)、デザイン・クリエイティブなど全体の最適化を目指して、運用し、効果が高まるように日々改善していくことが重要です。

また、商品やサービスによっては、WEBサイトで完結型ではない場合もあり、WEBサイトとリアルの店舗や営業などとのデータ共有を含めた事業運営が必要となります。

このように、WEB集客を成功させるには、ホームページを作る制作だけでなく、マーケティングやビジネスモデルの理解などの、ビジネススキルが必要になってきます。

■ WEBサイトを運用するとは、どのような事なのか?

WEBサイトを運用するということは、主に2つの事になります。1つ目が「更新」、2つ目が「カイゼン」です。これらは、自社の商品やサービスでは常に行っていることと思いますが、WEBサイトも同様に「更新」と「カイゼン」は必要です。

なぜなら、今日ではインターネットを介したお客さまとのコミュニケーションが多く、単なる告知するという目的のホームページではなく、大切なお客さまとの接点となる事業の一部という位置づけになっているからです。企業側がそれを重んじていなくとも、少なくともお客さまは、そのような利用をしている時代です。

■ 更新とは、何を更新していくのか?

WEBサイトの更新と聞くと、ホームページ上の「おしらせ」や、商品・サービスの変更・スタッフや移転時の変更などを、想像する方もいるかと思います。

しかし、それは当り前のことですが、お客さまが求めていることは、「自分にとって有益な情報」です。ここで言う更新とは、お客さまにとって有益な情報を、定期的に更新し、WEBサイト上でもお客さまのお役に立つということが必要ということです。

それには、「何を」「誰に」「どのように」伝えるのか?のコンセプトをキチンと設計し、担当者をもうけて事業の大切な一部と認識し、情報を発信していくことが必要です。

■ 更新の頻度は、どのくらいがよいのか?

WEBサイトを更新する頻度は、目的と段階によって異なります。

お客さまに有益な情報を提供していくコンテンツマーケティングを始めたばかりのサイトは、まずコンテンツを増やすことが大切になりますので、週に数回更新する言ったように、更新頻度は増やします。更新したコンテンツの量によって、回数を調整していくことになります。

重要なポイントは、「更新を続ける」ことと、「内容の質」です。内容の薄いコンテンツを数多く更新しても、あまり意味がありません。その質が良い悪いの判断は、日々の運用の中でアクセス解析を分析しながら判断しカイゼンしていきます。

■ カイゼンとは、何をカイゼンしていくのか?

WEBサイトをカイゼンしていくには、まず全体像をキチンと把握することです。自社のサイトの「目的」「ターゲットとなるお客さま」「伝えたいこと」などを明確にして、その目標を達成するためには、何が重要な指標なのか?を考えて、まずはKPI(重要業績評価指標)を決めておくことです。

このKPIは、サイトの目標によって変わりますが、コーポレートサイトでは「サイトの滞在時間」や「ページビュー数」という、サイトに訪れたお客さまが、どれだけ見てくれたのか?になります。また、購入やお問合せ、資料請求など、お客さまに何かのアクションをして貰いたいサイトでは、そのアクションへの「コンバージョン率」といったものが、指標となります。

その決めたKPIによって、カイゼンすることは異なってきます。カイゼンのすべてがアクセス数やページビュー数といった聞き慣れた言葉だけではないということになります。

■ カイゼンの頻度は、どのくらい行うべきか?

カイゼンの頻度は、規模や企業のリソースにもよりますが、基本的にはサイトの現状のチェックは、毎日行うことです。

その上で、カイゼンするポイント、課題を発見し、そのカイゼン策の仮説をたてて行います。その答えがでるのには、カイゼンした内容により違ってきますので、1つの仮説の答えがでれば、次のカイゼンといったように、一番よい方法を模索しながら、どんどん効果・効率をあげていくことが大切です。

例えば、同じ流入数のカイゼンでもSEO対策と、広告のクリエイティブ変更の対策では、答えがでる期間は全く違います。SEOは一般的に数週間から数ヶ月の変動をみることになりますし、広告は1~2週間もあれば、おおよその傾向は掴めます。

これらのように、答えが早いこと、遅いことをスケジュールに組込みながら日々行っていくことになります。

■ カイゼンするには、どうすればよいのか?

カイゼンするには、まず現状の把握が必要です。その把握は、様々なWEB分析ツールを使って行います。その基本となるものが、アクセス解析ツールです。メジャーなものではGoogleが無料で提供する、Googleアナリティクスになります。またサイトの状態を判断するサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)も必須のツールとなります。

その他、目的にあわせてSEOの順位チェックや、キーワード選択ツール、競合サイトチェックなど様々なものを組み合わせて、現状を把握していきます。

■ 集客 = リーチ数 × 反応率

集客を増やすには、リーチ数(アプローチした数)と、それに対する反応率をあげることが基本の考え方です。

リーチ数を増やすには、リーチする対象のお客さんには、潜在客と顕在客の2種類があります。潜在客にリーチが出来ないと、集客数は減ることになります。

反応率を上げるには、2つのポイントがあり、1つは、リーチする対象との関係性(つながりの有無)、広告のクオリティ、SEOのキーワードといった、流入したユーザーの質のカイゼンがあります。もう1つは、サイトに入った後、いわゆるランディングページ、CTA(コールトゥアクション)のカイゼンです。

.button-5a65d750a8661 { margin-bottom: 15px; margin-top: 0px; min-width: 0px !important; } .button-5a65d750a8661 { background-color:#ffec00; } .mk-button.button-5a65d750a8661.flat-dimension:hover { background-color:#252525 !important; }
.button-5a65d750a8a49 { margin-bottom: 15px; margin-top: 0px; min-width: 0px !important; } .button-5a65d750a8a49 { background-color:#ffd600; } .mk-button.button-5a65d750a8a49.flat-dimension:hover { background-color:#252525 !important; }
お問い合わせ

下記項目をご入力下さい。

検索キーワードを入力して下さい。